小さな子どもとの旅行も安心!観光旅行(家族)用プラン

AIG損保の観光旅行(家族)用プランの特長

ご家族で出かける楽しい旅をより楽しくするために、海外旅行保険を検討している多くのご家族の方から以下の3つのポイントで支持されています。海外旅行保険のパイオニアとして、数々のプランを開発してお客さまのニーズにお応えしてきたAIG損保ならではのサービスです。

ケガ・病気補償が充実

  • 海外旅行で最も多いトラブルであるケガ・病気の治療を充実補償
  • 治療・救援費用を無制限※に補償する「インフィニティプラン」で安心サポート
  • 保険期間31日以内の契約については
    • 持病・既往症の急激な悪化
    • 旅行中の急激な歯痛による歯科治療
    • 妊娠初期の異常による症状(妊娠満22週以後の発症は除く) も補償します。

※無制限とは治療・救援費用補償特約の保険金額(支払限度額)を無制限にすることであり、治療・救援費用を終身補償するものではありません。

 

一部の補償を家族で共有できるファミリープランがムダなくおすすめ

加入タイプは個々に選択が可能です。ファミリープランは、手荷物の少ない小さなお子さま※のいるお客さまにおすすめのプランです。

  • AIG損保の海外旅行保険は、小さなお子さま※も加入いただけます。
  • 保護者の方を申込人(契約者)として、小さなお子さまのみを旅行者(被保険者)とするお申し込みも可能です。

    ※ ご出発日時点で被保険者(旅行者)さまが生後6か月未満の場合を除く

ファミリープランには「家族旅行特約」をセット

  • 旅行行程が同じご家族をまとめて1保険契約証で契約可能
  • 携行品損害と個人賠償責任の補償を家族で共有
  • 加入タイプは個々に選択が可能

家族旅行はファミリープランがムダなくオススメ!

Q. 子どもを連れて海外旅行に行きます。ファミリープラン(家族プラン)って何が違うのですか?

ご家族で海外旅行される方を対象とした海外旅行保険です。一部の補償を家族で共有します。

個人用プランに別々にご加入の場合

個々に加入する場合は それぞれに、

保険金額が設定されます。

ファミリープランにご加入の場合

ファミリープランは一部の補償を
ご家族で共有します。
手荷物の少ない小さなお子さまのいる
お客さまにおすすめです。

【ファミリープランに関するご注意】
1)ご夫婦・ご家族を1保険証券でお引き受けする家族プランには、「家族旅行特約」がセットされています。その際、ご旅行者(被保険者)とすることができる範囲は、次のとおりです。なお、保険契約締結時に本人以外の被保険者が下記にあたらなかった場合には、保険金を削減してお支払いする場合または保険金をお支払いできない場合がありますので、十分ご注意ください。

  • ご旅行者本人(以下、本人と記載します。)の配偶者
  • 本人または配偶者と同一生計で同姓かつ同居のご親族(※4)
  • 本人または配偶者と同一生計で同姓かつ別居の未婚(結婚歴のないこと)のお子さま
※4 ご親族とは、本人の6親等以内の血族および3親等以内の姻族をいいます。
2)家族プランは、本人を含む最大5名までご加入できます。
3)ご家族(被保険者)全員の同意を得たうえで、お申し込みください。

ご家族5人で海外旅行に行かれる場合、「本人」を下記図の「Cさん」または「Dさん」としてご契約されるとご家族5人全員が「家族」の範囲に含まれ、被保険者になります。一緒にご旅行されるご家族の続柄を確認し、「本人」を指定してください。

24時間日本語対応のコールセンターがトラブル時にサポート ― アシスタンス・サービス

状況に合わせて、スピーディに対応

  • 医療機関の紹介・手配、通訳手配
  • キャッシュレス・メディカルサービス
  • パスポートやクレジットカードなどの紛失・盗難時の手続きのご案内  など

家族旅行のオススメプラン例

夫婦 30代

渡航先ヨーロッパ

期間:5日間

img

ご契約プラン(IF1) 保険料インフィニティプラン10,770円 夫婦

補償内容

小さなお子さまとの旅行も安心の補償

  • 緊急な歯科治療
    ご旅行中に生じた急激な歯の痛みや苦痛を一時的に除去・緩和するための応急治療を補償します(10万円限度)。
  • 持病・既往症
    「持病・既往症」について、応急治療費用などが補償される特約をセット(300万円限度)。旅行開始前に治療を受けたことがある病気が急激に悪化した場合も補償されます。
子どもが喘息(ぜんそく)なのですが、喘息の悪化も補償されますか?
旅行開始前から喘息症状をお持ちの方で、旅行開始後に急激に症状が悪化し、治療が必要となった場合に300万円を限度にお支払いたします。
 
子どもと一緒にハワイ旅行に行くのですが、子どもの急な病気が心配です。ハワイの医療費って高いの?
救急車の利用,医療機関の受診方法等,日本と異なる点があるので注意が必要です。 救急車を利用する際には,911に電話連絡しますが,日本と異なり有料になります。また、救急車内での処置のレベルによって料金が異なる場合があります。
医療費は日本に比べ非常に高額で,盲腸(虫垂炎)の手術ですら275万円かかってしまった実績があります。 クレジットカード付帯の保険では不十分な場合が多く,日本を発つ前に海外旅行保険に加入することをおすすめします。
 
【AIG損保 過去の支払い実績】
 救急車を呼ぶと・・・平均して約165.000円
胃腸炎で外来にかかると・・・約22,000円~55,000円
入院すると・・・個室代 一日あたり 約330,000円~385,000円(検査費、X線代、検査費除く)
盲腸(腹膜炎を併発していない)で手術をすると・・・手術費が約2,750,000円~3,300,000円+1日~3日間の入院費用
アキレス腱断裂で手術すると・・・手術費が約3,300,000円~3,850,000円+約5日間の入院費用

クレジットカードに付帯されている保険だけだとダメなの?

クレジットカードに家族特約などが付帯されている場合、家族特約などの有無、適用の条件・範囲(お子さまの年齢などが適用の範囲に含まれているかどうかなど)、補償額を確認しましょう。

ご契約タイプ「IF1」の場合

傷害死亡
1,000万円

 

傷害後遺障害 
(後遺障害の程度に応じて)
30万円~1,000万円

 

治療・救援費用
(支払限度額/1事故・1疾病あたり)
※1 無制限
疾病応急治療・救援費用300万円限度

 

緊急歯科治療費用
※2(支払限度額)
10万円

 


疾病死亡
500万円

個人賠償責任
(支払限度額/1事故あたり)
1億円

携行品
(携行品1つあたり10万円限度)
(乗車券・航空券などの場合は5万円限度)
60万円

旅行事故緊急費用
※3(支払限度額)
5万円

  • 1 無制限とは、治療・救援費用補償特約の保険金額(支払限度額)を無制限とすることであり、 治療・救援費用を終身補償するものではありません。
  • 2 緊急歯科治療費用は保険期間31日までのご契約に限り、補償の対象とします。ご旅行中に緊急に要した歯科治療費用に限り、10万円をお支払いの限度とします。
  • 3 旅行行程中の予期せぬ偶然な事故により負担を余儀なくされた、交通費、宿泊施設の客室料、食事代、通信費、渡航手続費、および渡航先で予定していたサービスの取消料等について、保険期間中合計で5万円をお支払いの限度とします。ただし、食事代については5千円を保険期間中の限度とします。また、身の回り品購入費は10万円を保険期間中の限度とします。

引受保険会社

AIG損害保険株式会社

AIG損害保険株式会社

無断での使用複製は禁じます。

AIG損保の海外旅行保険は、海外旅行中の万一の病気やケガのために充実の補償を提供します。思わぬ事故やトラブルに備えておけば、あなたの旅がより楽しいものになるはずです。

登録番号:B-190113




お客様満足度

お客様満足度

©AIG, Inc.